タリバン捕虜解放を延期 アフガン、人数折り合わず

 アフガニスタン政府は14日、同日から始めるとしていた反政府武装勢力タリバンの捕虜解放を延期することを決めた。解放する捕虜のリスト見直しに時間がかかっていることが理由としている。AP通信が伝えた。

 双方は政府が解放する捕虜の人数で折り合っておらず、解放開始の見通しも立っていないとみられる。

 米タリバンの和平合意は、政府側がタリバンの捕虜最大5千人を、タリバンは政府側の捕虜最大千人をそれぞれ解放した後、停戦に向けた協議を開くとしている。このため、ガニ大統領は10日、14日から毎日100人、計1500人まで解放することを指示していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細