公明・山口代表、改正特措法「適用しないで済むよう…」

 公明党の山口那津男代表は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に備える新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案が成立したことについて「一段の法的枠組みが速やかに整備されたということはよかった」と評価した。国会内で記者団に語った。

 緊急事態宣言については、私権制約につながることから慎重に判断することや、与野党や国民への丁寧な説明が重要だとの認識を示した。「実際には適用しないで済むよう現行の措置を徹底し、感染拡大防止と早期収束を図ってほしい」とも強調した。

 現状が緊急事態に当たるかとの問いには「(政府の)専門家会議のメンバーから緊急事態宣言を発する状況にはないとの意見が出されている。専門家の意見を尊重したい」と語った。