感染者の症状別に入院先振り分け 大阪府、司令塔組織立ち上げへ

 大阪府の吉村洋文知事は11日、府内の新型コロナウイルス感染者の入院先を、症状やリスクに応じて振り分ける司令塔組織を、週内にも立ち上げる方針を明らかにした。現在は感染者の大半が軽症か無症状で専門の医療機関に入院しているが、重症者の病床を優先的に確保し、軽症や無症状の人は一般の医療機関で受け入れるように運用を見直す。

 吉村氏は府庁で記者団に「重症者やハイリスク患者を守り、医療崩壊を起こさせないために(入院先の)選別が重要だ」と述べた。

 新たな組織は「入院フォローアップセンター」(仮称)。治療の優先度が高い順に(1)感染症の指定医療機関(2)一般の医療機関(3)既存の病院などで活用されていない「休床病床」-に振り分ける。足りない場合は民間の宿泊施設にも協力を求め、活用したい考え。

 府内では10日までに73人の感染が確認されたが、大半が軽症か無症状で、複数の指定医療機関(約80床)に入院している。ただ、感染者が今後急増すれば病床が不足する恐れがあり、府は12日に開く新型コロナウイルス対策本部の専門家会議で入院基準などを議論する。

 休床病床を活用する場合は医師や看護師ら人員の確保に加え、防護服など医療態勢を整備する必要がある。吉村氏は記者団に関連の補正予算を編成する考えを示した。