「一生懸命に生きる」ロッテ・佐々木朗希、震災への思い

プロ野球ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)は、東日本大震災で父、功太さん(当時37歳)と祖父母を亡くした。震災から9年を迎えた11日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで取材に応じ「今生きている身として、そういった人たちの分も、一生懸命に生きていかないといけないと思う」と心境を語った。

岩手県陸前高田市に住んでいた小学3年生の時に被災した。自宅は津波で流され、老人ホームでの避難生活を余儀なくされた。平穏な日常が一瞬で奪われ「今あることが当たり前ではないと思った。たくさんのものを失って、改めて気付いたことがたくさんある」と当時を思い返した。

小学4年生で母、陽子さんの親族がいる同県大船渡市に引っ越し、地元の中学と高校に進学。最速163キロをマークし「令和の怪物」と称されてプロの世界に飛び込んだ。新たな立場で3月11日を迎え「これからいろいろ発信していかないといけない」と震災の記憶が風化するのを防ぐ役割を担えればと思っている。

会員限定記事会員サービス詳細