首相、全国一斉休校で与党に陳謝 

政府与党連絡会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=10日午後、首相官邸(春名中撮影)
政府与党連絡会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=10日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は10日、官邸で開いた政府与党連絡会議で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全国一斉の臨時休校を要請したことなどについて「事前に与党に十分な説明の機会が取れなかったことをおわびしたい」と陳謝した。その上で「今後も意思疎通を図るべく努力したい」と語った。会合後、公明党の山口那津男代表が記者団に明かした。

 山口氏は「与党と意思疎通を図りながら国民生活に重大な影響があることを進めていく姿勢は基本的に重要だ」と指摘。「今はのるかそるかの重要な時期だという実態を政府も与党も認識し、適切な対応を取るべきだ。事後的であれ首相から丁寧な説明をいただくことも大切だ」とも述べた。

会員限定記事会員サービス詳細