北朝鮮が飛翔体を3発発射 韓国軍発表

 【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午前、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)宣徳(ソンドク)付近から北東方向に日本海に向け、飛翔(ひしょう)体3発を発射したと発表した。軍は警戒を強めるとともに、種類などの分析を進めている。

 北朝鮮は2日にも東部、元山(ウォンサン)付近から飛翔体2発を発射。翌日に公開した写真から北朝鮮が「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」と呼ぶ事実上の短距離弾道ミサイルだったことが判明した。

 今回も同種ミサイルの連続発射を行った可能性がある。

会員限定記事会員サービス詳細