新型コロナの公文書管理「歴史的緊急事態」に指定 安倍首相

 安倍晋三首相は9日の参院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感染症に関し、将来の教訓として公文書の管理を徹底する「歴史的緊急事態」に指定すると表明した。指定は行政文書の管理に関するガイドラインに基づく。

 首相は「新型コロナウイルス感染症の発生およびその蔓延(まんえん)で、国民の生命および健康に重大な影響を与えることが懸念される状況にかんがみ、今般の事態を歴史的緊急事態とする」と述べた。

 また、首相が関係省庁から報告を受けたり、官房長官や厚生労働相らと今後の方針を協議したりする連絡会議の記録について「内閣官房で可能な限り速やかに作成し、報告していきたい」と述べた。

 立憲民主党の蓮舫氏の質問に答えた。

会員限定記事会員サービス詳細