大学最前線 この人に聞く

吉村作治・東日本国際大学長 2つの国難-東日本大震災と新型コロナウイルス禍を越えて

【大学最前線 この人に聞く】吉村作治・東日本国際大学長 2つの国難-東日本大震災と新型コロナウイルス禍を越えて
【大学最前線 この人に聞く】吉村作治・東日本国際大学長 2つの国難-東日本大震災と新型コロナウイルス禍を越えて
その他の写真を見る (1/2枚)

 全国が新型コロナウイルス禍に揺れるなか、東日本大震災の発生からまる9年を迎えようとしている。吉村作治さん(77)。エジプト考古学者として著名だが、5年前から東日本国際大学(福島県いわき市)の学長を務めていることをご存じだろうか。携わり続ける被災地復興への思い、また見果てぬ「夢と希望」について語ってもらった。(編集委員 関厚夫)

 ◆いま、なにをすべきか-不安・偏見・風評被害との闘い

 「本学では今春の卒業式・入学式とも中止しました。授業もストップしています。もちろん新型コロナウイルス禍への対応であり、政府の方針に準拠した措置でもあります。いまは『手を洗う』『うがいをする』『外出時にはマスクを着用する』『人混みを避ける』『栄養と休息を十分に取る』といったことが非常に重要です。と同時に、個人的には戦争よりもウイルスのほうが人類の命運に大きな影響を与えるだろうと考えていますが、前述の予防措置をしっかり講じたならば、不必要に新型コロナウイルスを恐れるべきではないとも考えています。

 人間は情報が過少となったとき、また逆に情報が過多となったときに不安を感じる-あるいは不安をみずからつくってしまうものです。確かに新型コロナウイルスに関しては当初、知るべき情報と知る必要のない情報の線引きが難しく、不安に陥るのも無理がないところがありました。またいまも収束の見込みはたっていませんが、不安を自分自身でつくりあげるような事態を避けることは可能なのではないでしょうか。

 ましてや最前線で治療・対応にあたっている医療関係者の方々や感染した人たち、また感染者と接触があった人たちを差別することはあってはならない。この構図は、いまも東日本大震災の風評被害に苦しむ福島の姿と二重写しになります。あえて特定はしませんが、講演などで訪れたさいに『福島から来ました』と自己紹介すると、『どん引き』ではないまでも、目に見えて身構えるのがわかる地域がいまだにあります」

 ◆9年前の「小さな奇跡」

 〈吉村さんは東京生まれの東京育ち。日本とエジプトをまたにかけた多忙さゆえ、みちのくとはあまり縁がなかった。が、東日本大震災が吉村さんの人生を変える〉

入試関連ニュース

入試コラム

【令和5年度入試速報実施予定大学】国公立大学

私立大へ
  • 東京大学試験後順次公開
  • 京都大学試験後順次公開
  • 名古屋大学試験後順次公開
  • 広島大学試験後順次公開
  • 九州大学試験後順次公開
  • 北海道大学試験後順次公開
  • 東北大学試験後順次公開
  • 筑波大学試験後順次公開
  • 千葉大学試験後順次公開
  • 東京医科歯科大学試験後順次公開
  • 東京工業大学試験後順次公開
  • 一橋大学試験後順次公開
  • 浜松医科大学試験後順次公開
  • 岐阜大学試験後順次公開
  • 大阪大学試験後順次公開
  • 大阪公立大学試験後順次公開
  • 神戸大学試験後順次公開

【令和5年度入試速報実施予定大学】私立大学

国公立へ
  • 早稲田大学試験後順次公開
  • 慶應義塾大学試験後順次公開
  • 同志社大学試験後順次公開
  • 立命館大学試験後順次公開
  • 関西大学試験後順次公開
  • 関西学院大学試験後順次公開