農産物輸出、7年に2兆円 1兆円未達で政府新目標 - 産経ニュース

メインコンテンツ

農産物輸出、7年に2兆円 1兆円未達で政府新目標

農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議で発言する菅義偉官房長官(手前から2人目)=6日午前、首相官邸(春名中撮影)
農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議で発言する菅義偉官房長官(手前から2人目)=6日午前、首相官邸(春名中撮影)

 政府は6日、農林水産物・食品の輸出拡大について関係閣僚会議を開き、輸出額を令和7(2025)年に2兆円、12(30)年に5兆円に伸ばす新たな長期目標を発表した。1兆円を目指した令和元年の輸出額は水産物の不漁などで9121億円にとどまっており、従来の戦略を仕切り直す。人口減で国内需要が縮小する中、輸出を大幅に増やして生産基盤を維持する狙いだ。

 会議に出席した菅義偉官房長官は「日本の野菜や果物はアジアで大変人気があり、輸出はまだまだ伸びる。新たな目標に向かって、早急に具体的な議論をまとめる」と強調した。

 主要市場の中国を中心に新型コロナウイルスの感染が広がり、景気減速の恐れがある。当面は輸出を増やしにくく、拡大に向けた支援策の強化も課題になりそうだ。