首相、党首会談に「建設的意見いただいた」

 安倍晋三首相は4日、新型コロナウイルス対策の法整備に向け、主要5野党の党首と国会内でそれぞれ会談した。会談後、首相は官邸で記者団に「建設的な意見もいただいた。法案の一日も早い成立を目指したい」と述べ、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の対象に新型コロナウイルス感染症を追加する改正案の早期成立を目指す考えを改めて示した。

 党首会談について首相は「ここ1、2週間が感染症を拡大させるか、収束させるかの瀬戸際だ。最悪の事態を想定しながら、緊急事態宣言など、もう一段の法的枠組みの整備が必要と判断した」と説明した。

 また、「政府が取り組む上で、協力するというありがたい意見もいただいた。国家的な危機にあっては与党も野党もない。政府として、今後も率直にお願いすべきところはお願いしていきたい」と述べた。

 会談では野党側から現行法でも対応できるとの指摘があったとし、「適用できるのであれば、最初から適用している」と述べた。