新型コロナ感染対策の鍵は「早期に徹底的に」仁坂和歌山知事一問一答

産経新聞の取材に応じる仁坂吉伸和歌山県知事=3日、和歌山県庁
産経新聞の取材に応じる仁坂吉伸和歌山県知事=3日、和歌山県庁

 医師や入院患者が新型コロナウイルスに相次いで感染した済生会有田病院(和歌山県湯浅町)の通常業務再開を受け、和歌山県の仁坂吉伸知事が産経新聞のインタビューに応じた。仁坂知事は再開までの経緯などを振り返り、新型コロナウイルス対策のカギを「早期に徹底的にすることだ」と述べた。一問一答は次の通り。

 --有田病院再開の受け止めは

 「よかった。(病院という)小さな領域においてだから、長期的にみればまだ油断はできないが、先が見えない全国的なウイルス対策の中、感染を克服した地域ができたのは全国的な希望になるのではないか」

 --最初の感染は医師だった

 「同僚医師や入院患者にも怪しい症状があった。ぞっとするような事態で、一言でいうと恐怖を感じた」

 --まず指示した対策は

 「外来受診を中止し、入院患者も院内にとどまってもらった。関係者は医師や入院患者、出入り業者まで優先順位をつけ、無症状の人も徹底的にウイルス検査を実施した」

 --(県立病院ではなく)県とは別組織だったが

 「病院は私が決めた方針に従わないこともできる。だけど、正しいこと、なるほどということを責任ある人間が言って決める。権限がないからと、なよなよしていたらできない」

 --病院以外も調査した

 「感染者の立ち寄り先だけでなく、周辺の宿泊施設や商店など、あらゆるところに職員を派遣し、利用実態や健康状態を聞いて回った。新型コロナウイルスは肺炎を引き起こしやすいので、原因不明の肺炎患者も全て検査した。これは和歌山だけ。だから和歌山の検査数は突出している」

 --有田病院の教訓は

 「感染者の周辺を早期に徹底的に調べたことが功を奏した。こうした対応が封じ込めの段階では有効。これだけ調べれば風評被害にも胸を張って対抗できる」