【新型肺炎】首相、緊急事態条項は「極めて大切な課題」参院予算委 - 産経ニュース

メインコンテンツ

新型肺炎

首相、緊急事態条項は「極めて大切な課題」参院予算委

参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=3日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=3日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は3日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を機に緊急事態条項を新設する改憲議論について「国民の安全を守るため、国家や国民がどのような役割を果たし国難を乗り越えていくべきかを憲法にどう位置づけるか極めて重く大切な課題であると認識している」と述べた。

 日本維新の会の松沢成文氏が、緊急事態条項に触れた自民党の提言に「感染症のパンデミック(世界的大流行)も加えるべきだ」と指摘した。

 首相は「(党の提言に)答える立場にはない」としつつ、「こういう項目を入れるべきだという議論を憲法審査会の場ですることが、国民の求める議論が進むことにつながっていく」と述べ、参院で約2年間開かれていない憲法審査会の開催に水を向けた。