河井案里氏に「疑われないよう身を処すべき」 国会で安倍首相 - 産経ニュース

メインコンテンツ

河井案里氏に「疑われないよう身を処すべき」 国会で安倍首相

参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=3日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=3日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は3日午前の参院予算委員会で、昨年7月の参院選で初当選した自民党の河井案里参院議員=広島選挙区=をめぐる公選法違反事件で、広島地検が案里氏の公設秘書を立件する方針を固めたことに関し、「議員としては疑いを抱かれることのないよう身を処していく必要がある」と述べた。

 首相は「国会議員としてさまざまな疑いについては国民に説明を果たしていく責任を負っている」とも語った。

 地検は、参院選で案里氏の車上運動員に違法報酬が支払われたとして関係先を家宅捜索しており、3日にも案里氏の公設秘書を立件する方針だ。