露トルコ首脳が今週会談か シリア緊迫、政権軍の2機撃墜

 【カイロ=佐藤貴生】シリア北西部イドリブ県でアサド政権軍とトルコ軍の戦闘が激化していることを受け、政権側の後ろ盾であるロシアのペスコフ大統領報道官は1日、プーチン露大統領とトルコのエルドアン大統領が5日か6日にモスクワで会談するとの見通しがあると述べた。ロイター通信が伝えた。

 シリア人権監視団(英国)は1日、イドリブでアサド政権側の戦闘機2機がトルコ軍の戦闘機に撃墜されたと伝えた。トルコ国防省はこれに先立ち、自国の無人機が撃ち落されたとしていた。一方、トルコの通信社は同日、トルコ軍がシリア北部アレッポの軍用空港を攻撃し、使用不能にしたと伝えた。

会員限定記事会員サービス詳細