審査員長に妹島和世さん 伊ベネチア国際建築展

 妹島和世さん
 妹島和世さん

 5月からイタリア北部で開かれる「第17回ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で、建築ユニットSANAAの妹島和世さんが審査員長を務めることが、28日までに明らかになった。日本人の審査員長就任は異例。

 妹島さんは1956年茨城県生まれ。ベネチア・ビエンナーレでは2004年、西沢立衛さんと組むSANAAで金獅子賞を受賞。10年には企画責任者であるキュレーターを個人で務めた。

 10年には「建築界のノーベル賞」といわれるプリツカー賞をSANAAとして受賞した。代表作にSANAAとして金沢21世紀美術館、米ニューヨークのニューミュージアム、個人では東京のすみだ北斎美術館など。

会員限定記事会員サービス詳細