首相、習氏国賓来日へ「成果挙げるため入念な準備」

会談にを前に握手する楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(ヨウケッチ)・中国共産党政治局委員(左)と安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(春名中撮影)
会談にを前に握手する楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(ヨウケッチ)・中国共産党政治局委員(左)と安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は28日、来日した中国の外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)共産党政治局員と首相官邸で面会した。4月上旬で調整している習近平国家主席の国賓としての来日について、両政府間で緊密に連携することを確認するとみられる。

 首相は冒頭、「習主席の国賓訪問は日中両国関係にとり極めて重要だ。十分な成果を挙げるために入念な準備を行わなければならない」と述べた。楊氏も「主席の国賓としての訪問は非常に重要な意義がある」と応じた。

 これに先立ち、楊氏と外務省で会談した茂木敏充外相は「現時点で習主席の訪日の予定に変更はない」と記者団に述べ、4月の来日に向け引き続き準備を進める意向を示した。

 ただ、中国では3月5日に開幕予定だった全国人民代表大会(全人代=国会)の延期が決まった。予定通り習氏が来日するか、依然として懐疑的な見方も広がっている。

会員限定記事会員サービス詳細