中2男子に淫行疑い 元塾経営者を再逮捕 神奈川

 進学塾内で中学2年の男子生徒=当時(13)=のズボンの中に手を入れたとして、高津署は児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で、浜松市中区神田町の元塾経営者で無職、石原重雄容疑者(52)を再逮捕した。容疑を認め、「20人ぐらいにやったのを覚えている」などと話している。同署によると、石原容疑者は、同様の行為を昨年3月にも他の生徒にしたとして、今年1月に逮捕されていた。

 再逮捕容疑は昨年9月26日午後6時ごろから同7時ごろまでの間に、自身が川崎市宮前区で経営していた進学塾の教室内で、通っていた男子生徒のズボンの中に手を入れ、わいせつな行為をしたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細