柔道、有力選手の五輪代表決定も…27日に強化委 

 柔道の東京五輪代表について、全日本柔道連盟(全柔連)は27日、東京都内で強化委員会を開き、早期内定選手を協議する。すでに代表が決まった女子78キロ超級と争いが熾烈な男子66キロ級を除く男女12階級の1番手の選手が対象。ただ、選考資料となる国際大会で1番手が欠場、あるいは序盤で敗退したケースもある。選出には出席委員の3分の2以上の支持が必要で、強化委の判断が注目される。(田中充)

 強化委は昨年12月のマスターズ、今年2月のグランドスラム(GS)パリ、GSデュッセルドルフの3大会を終えた時点で、2番手との差が歴然となった選手を新たに選出する。

 有力選手が東京五輪本番に向けて、より長い調整期間を設けられるように、4月の最終選考会を待たずに早期内定制度を設けた。「第1段階」として昨夏の世界選手権と昨年11月のGS大阪大会を連続優勝した女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が早々と代表入り。今回が「第2段階」になる。

 GSデュッセルドルフ大会には多くの階級で1番手を派遣。男子73キロ級の大野将平(旭化成)や女子52キロ級の阿部詩(日体大)ら代表争いを大きくリードしてきた選手が優勝した。2番手以下を派遣したGSパリ大会の結果なども踏まえ、大野、阿部詩らの代表入りが決定的となった。

 一方、いずれも昨夏の世界選手権2位の女子57キロ級の芳田司(コマツ)と男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)、同3位の100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)はけがでGSデュッセルドルフ大会を欠場。

 国際大会4連続優勝だった81キロ級の永瀬貴規(旭化成)は初戦の2回戦で敗退、90キロ級の向翔一郎(ALSOK)も敗者復活戦を勝ち上がっての3位と課題を残した。

 同大会最終日の23日、金野潤強化委員長は現地で「選考はこれまでの成績のトータルで判断する。(どのようなケースで強化委員会に諮るかは)何度もシミュレーションをしてきた」と説明。今大会を欠場したり、結果を残せなかった1番手選手でも、2番手との相対的な評価で差が大きいと判断する可能性があることを強調した。

会員限定記事会員サービス詳細