ペット火葬用の車、火葬中に出火し作業員やけど 福岡

 福岡県宇美町の町道で24日午後2時すぎ、「車が燃えている」と通行人から119番があった。福岡県警粕屋署によると、ペット火葬用のワゴン車から出火し、車両後部など一部が焼損。作業員の男性(72)がやけどを負い、病院に搬送された。出張訪問型の葬儀サービスで、車内にある炉でペットの犬を火葬中だった。

 署によると、男性は出火時車外にいた。炉の付近から出火したとみられ、署が原因を調べる。

 福岡市のペット火葬業者によると、数年前からペットとの思い出の場所である自宅やその周辺で葬儀を営みたいとの希望が多く、利用者が増えているという。