警視庁、男性を誤認逮捕 強盗致傷容疑 2時間半後に釈放

 警視庁は18日、練馬署が17日に強盗致傷容疑で20代の男性会社員を誤認逮捕したと発表した。同署は約2時間半後に男性を釈放し謝罪。防犯カメラなどに写った容疑者が男性とよく似ていたなどと説明している。

 刑事総務課によると、昨年11月30日午前4時15分ごろ、練馬区でタクシーの男性運転手が客に顔を殴られ、乗車代金4100円を踏み倒される事件が発生。ドライブレコーダーや防犯カメラを解析したところ容疑者の男が近くのマンションの一室に向かう姿が写っており、同署はこの部屋に住む男性が関与したとして今月17日に逮捕した。

 ただ、男性は調べに「自分がやったとは信じられない。昨年11月末に同僚が家を訪ねてきたことがある」と供述。同僚の20代の男から事情を聴いたところ「自分が無賃乗車したかもしれない」と認めたため、誤認逮捕と判断し、男性を釈放した。

会員限定記事会員サービス詳細