浪速風

損して得取れ、スマホ決済

スマートフォンで簡単に支払いができる「○○Pay」のキャンペーン合戦がすさまじい。運営事業者は、それぞれの利用者に買い物額に応じて何割かをポイント還元するという。当面の赤字は必至だが、勝算あってのことだろう。まさに「損して得取れ」

▶ここで思い出したのは、米国の伝説的なロックバンド、グレイトフル・デッド。コンサート会場での録音を制限せず、ファンの間で録音テープが出回るに任せた。レコードのヒットチャートとは縁遠かったが、コンサートの動員数はトップクラスに。1960年代後半から実質的に活動を終える95年まで、音楽的にも商業的にも大成功を収めた 

▶スマホ決済業者は、利用者の買い物に関するデータを収集・分析して、別のビジネスに役立てたり、新規事業を立ち上げたりするのだろう。その成否はデータの量に左右され、事業によっては勝者総取りもあり得る。大盤振る舞いのキャンペーンはまだまだ続くかも。