天皇誕生日の一般参賀を取りやめ 新型肺炎感染拡大で宮内庁

皇居の正門石橋を渡り、令和初の新年一般参賀に向かう人たち=1月2日午前
皇居の正門石橋を渡り、令和初の新年一般参賀に向かう人たち=1月2日午前

 新型コロナウイルスの感染者が国内で拡大していることを受け、宮内庁は17日、今月23日に皇居・宮殿で行われる予定だった天皇誕生日の一般参賀の実施を取りやめると発表した。同日予定されていた記帳の受け付けも見送る。

 天皇誕生日の一般参賀は平成8年、ペルーの日本大使公邸人質事件を受け、実施が取りやめられたことがあるが、宮内庁によると、感染症の拡大防止を考慮した実施見送りは初めて。

 天皇陛下は23日に60歳の誕生日を迎えられる。23日の一般参賀では、天皇、皇后両陛下が10時20分ごろ、11時ごろ、11時40分ごろの計3回、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまとともに宮殿・長和殿のベランダに立たれる予定だった。

 平成最後の平成30年12月の天皇誕生日は、約8万2000人が皇居を訪れた。