楢崎智、五輪イヤー初実戦「楽しくできた」 ボルダリング

男子予選の楢崎智亜=駒沢屋内球技場
男子予選の楢崎智亜=駒沢屋内球技場

 順調な滑り出しを見せた。男子の楢崎智は全5課題を完登し、3位で予選通過。「緊張もほぼなく、楽しくできた」と五輪イヤー最初の実戦を振り返った。

 危なげない登りに見えたが「どの課題も落ちるポイントがあり、完登できない可能性もあった」。2、3課題目はトライ数を重ねた。最後は持ち前の修正力の高さでねじ伏せた。

 昨夏の世界選手権の複合を制し、いち早く東京五輪代表の切符をつかんだ。オフは、弱点克服に取り組み「静的な動きやバランスを必要とする動きが得意になってきた」と手応えを口にしていた。この日の5課題目は「一番苦手な課題だった。以前は体が『ポーン』と出てしまったところを我慢することができた」と成長を感じていた。

 今大会は実戦感覚を取り戻すことに重点を置く。「ここから上がってくる。(準決勝は)より(感覚が)良いのではないかと思う」。東京五輪に向けて、徐々に感覚を研ぎ澄ませていく。(神田さやか)

会員限定記事会員サービス詳細