新型コロナウイルス相談窓口をスポーツ庁などに設置 

橋本聖子五輪担当相・女性活躍担当相=7日午前、首相官邸(春名中撮影)
橋本聖子五輪担当相・女性活躍担当相=7日午前、首相官邸(春名中撮影)

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が中国で広がる中、東京五輪・パラリンピックでの感染症対策を話し合う政府の作業部会が7日、開かれた。橋本聖子五輪相は、競技団体向けに内閣官房とスポーツ庁に新型コロナウイルスの相談窓口を設けることを明らかにし、「政府と競技団体の間で情報を共有し、最新の動きをプッシュ型で伝えたい」と述べた。