話の肖像画

元郵政相・八代英太(82)(10)衆院くら替えで初入閣

第1次森喜朗内閣でも郵政相に再任された(前列左橋)
第1次森喜朗内閣でも郵政相に再任された(前列左橋)

(9)へ戻る

〈自民党入りして初の選挙となった平成元年の参院選では、比例名簿2位で3選を果たした。しかし、7年の選挙では同16位で落選。順位を下げたのは「党が戦略上でしたこと。とやかく言わない」と再起に意欲を見せ、翌年の衆院選では東京12区から出馬。新進党から立候補した女優の沢たまきさんとのタレントバトルとなった〉

沢さんは、私の選挙事務所の近くに選挙事務所を構えていました。彼女は何年もかけて選挙区を回っていましたけど、私は落下傘でしたから。投開票日には新聞記者は両にらみで待ち構えていましたが、足立区では沢さんが勝ったとなったら、記者たちがバーッと沢さんの事務所に走っていった。もうだめだと思いましたが、北区では僕の方が勝っているという情報も寄せられて、沢さんとは結局約1200票差で当選しました。今までいろいろな選挙をやりましたけど、あれが一番過酷な選挙でしたね。

〈衆院くら替え後は、衆院法務委員長などを経て、11年の小渕恵三第2次改造内閣で郵政相として初入閣。そして初の「車いす大臣」となった〉

郵政相になることは、希望していました。スクラップ・アンド・ビルドで、だんだんと山の中の銀行も出張所も消えうせていく。しかし、島国の日本では、どこにでも郵便局はあったんです。そこを障害のある人たちの施設の拠点にしたいと思っていました。情報通信も郵政省は受け持っていましたから、パソコンがあれば、IT時代において障害のある人たちの新しい武器になる。車いすを利用しながらパソコンで、米国の友人でも国内でも情報を互いに共有できて、情報化社会の中で生きていける。手が動かなくても、言葉でもパソコンは運用できますから。新しい時代としてインターネットを重視することで、障害者の生活の武器になるという思いがありました。郵便局に情報通信の窓口もおいてネットワーク化し、「どこに行けば車いすが借りられる」とか、「郵便局にいけば分かる」といった構想を描いていました。しかし、そこに小泉純一郎さんが現れました。

会員限定記事会員サービス詳細