タクシー配車アプリを4月に統合 日本交通HDとDeNA

 タクシー大手の日本交通ホールディングス(HD)とIT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は4日、両社のタクシー配車アプリサービスを4月1日に統合すると発表した。統合により、アプリ利用者が全国のタクシーの約半分に当たる約10万台を呼ぶことができるようになるため、より早く乗車できるようになるなどのメリットが期待できるという。

 日本交通HD傘下のジャパンタクシー(東京)が同名の配車アプリを提供しており、DeNAは配車アプリのMOV(モブ)を提供している。サービス統合後は、ジャパンタクシーが会社として存続し、DeNAからMOVの事業を引き継ぐ。

 統合後の社名は未定だが、会長に日本交通HDの川鍋一朗社長、社長にはDeNAの中島宏常務が就任する。日本交通HDとDeNAはそれぞれ38・17%の株式を所有予定で、両社は対等な関係での統合を強調した。

 国内のタクシー配車アプリは、海外勢のDiDi(ディディ)がクーポンを多数発行するなど競争が激しくなっているが、月間のタクシー輸送回数約1億回のうち、配車アプリの利用率は2%にとどまるなど、利用率の向上が課題となっている。記者会見した川鍋氏は「4年半、ジャパンタクシーのアプリをやっていますが、恥ずかしながら思ったように利用が進まない」と述べた。

 中島氏は「(日本は)配車アプリの後進国だ」と強調。DeNAのITの技術力とタクシー大手の日本交通HDの強みを生かし、タクシー運転手の人手不足や地方の高齢者ら交通弱者の増加といった社会課題の解決を統合後に進める考えを示した。