自民・下村氏「今後の選挙に弾み」 京都市長選

 自民党の下村博文選対委員長は2日夜、同日投開票された京都市長選で無所属現職の門川大作氏(69)=公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連推薦=が当選を確実にしたことを受け、「今年最初となる大型選挙で、わが党が支援した候補者が勝利した意義は大きく、今後の各級選挙に向けた弾みになる」との談話を発表した。

 門川氏に対しては「選挙時に掲げた公約を実現すべく、京都市政をさらに前に進めて有権者の期待に応えていただきたい」とコメントした。