北朝鮮、冬休みの宿題廃止 代わりにクラブ活動奨励

 北朝鮮の小中学校などで今回の冬休みから一律の宿題を廃止、子どもらに好きなクラブ活動に参加するよう奨励する取り組みが始まった。金正恩朝鮮労働党委員長が掲げる「教育革命」の一環で、次の夏休みは従来の倍に当たる約2カ月に延長される。

 一人一人の適性に合った課外活動で才能を伸ばすのが目的。学校は休み期間中、教室をクラブ活動に開放するほか、学校外の教育施設もさまざまな課外活動を企画し、子どもらは希望するものに参加する。

 教育研究院幹部の金成日氏(63)は「宿題という心理的負担に縛られず、好きなことを学べば健全な成長に良い影響がある」と説明。教員が子どもらの個性や趣味を知る上でも役立つと語った。

 北朝鮮では昨年9月、5年ぶりの全国教員大会が開かれ、参加者に金正恩氏の談話が伝えられた。金正恩氏は談話で、同国の教育の現状が「世界の趨勢から立ち遅れている」と指摘、課外教育の充実を指示していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細