竹下派会長「一銭も求めないのもどうか」 チャーター機の費用負担

 自民党竹下派(平成研究会)の竹下亘会長は30日、記者団に、新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢からチャーター機で帰国した日本人の旅費などを政府が負担すべきという指摘について「一銭も(帰国者に)求めないのもどうか」と述べ、利用者に一定程度の費用を求める方針に理解を示した。

 竹下氏は「大部分を政府が負担するのは間違いではない」とも指摘し、チャーター機の費用を中心的に負担するのは政府との認識も示した。

 帰国した日本人2人がウイルス検査を拒否したことについては「自分はそれでいいのかもしれないが、日本中が心配している。検査ぐらいは受けてくれんかというのが正直な感想だ」と述べた。