棚橋予算委員長「人を人として扱わない発言」 枝野氏の「ポチ」発言

 棚橋泰文衆院予算委員長(自民)は29日、立憲民主党の枝野幸男代表から予算委の運営をめぐり「首相のポチ」と揶揄(やゆ)されたことについて「人を人として扱わない発言。使っていい言葉とは思わない。強い憤りを覚える」と怒りをあらわにした。国会内で記者団に語った。

 同日の予算委理事懇談会では、麻生太郎副総理兼財務相が28日の衆院予算委で「マーケットと仕事してますんで、野党と仕事してんじゃない」と発言したことを野党側が問題視し、撤回と謝罪を求めた。

 これに対し与党側は、枝野氏の「ポチ」発言を批判して撤回と謝罪を野党側に求め、応酬を繰り広げた。