徳勝龍が初優勝 幕尻Vは20年ぶり 大相撲初場所

徳勝龍(右)が寄り切りで貴景勝を破り初優勝を決める=両国国技館
徳勝龍(右)が寄り切りで貴景勝を破り初優勝を決める=両国国技館

 大相撲初場所千秋楽は26日、両国国技館で行われ、平幕徳勝龍は大関貴景勝を寄り切り、14勝1敗で初優勝した。幕尻の優勝は平成12年春場所の貴闘力以来2人目で、平幕優勝は昨年夏場所の朝乃山以来。貴景勝は11勝4敗。

 奈良県出身者としては98年ぶりの制覇で、木瀬部屋では初。33歳5カ月での初優勝は、年6場所制となった昭和33年以降で3番目の年長で、日本出身力士では最年長優勝となった。殊勲賞と敢闘賞も初受賞した。 1差で追っていた平幕正代は御嶽海を押し出し、13勝2敗で2場所連続4度目の敢闘賞を受賞した。関脇転落が決まっている大関豪栄道は阿武咲の下手投げに屈し、5勝10敗。新関脇朝乃山は10勝目を挙げた。

 遠藤が殊勲賞、霧馬山は敢闘賞、北勝富士が技能賞を獲得。春場所は3月8日からエディオンアリーナ大阪で始まる。

会員限定記事会員サービス詳細