夜の街、遅くまで楽しめます 大阪・御堂筋線で終電延長実証実験

夜の街、遅くまで楽しめます 大阪・御堂筋線で終電延長実証実験
夜の街、遅くまで楽しめます 大阪・御堂筋線で終電延長実証実験
その他の写真を見る (1/2枚)

 国土交通省は24日深夜から25日未明にかけ、大阪メトロ御堂筋線で終電を午前2時台まで約2時間遅くする実証実験を行った。沿線一帯は、未明まで営業する居酒屋やバーが軒を連ねる繁華街。いつもより、終電を気にせずに週末の夜を楽しむ人々でにぎわった。実験は2月21日も行われる。

 訪日外国人客の増加を踏まえ、沿線エリアの夜間の消費動向を調査し、観光施策などに役立てる狙い。今夏の東京五輪期間中には、終電延長が予定されている東京都内でも同様の調査を検討している。

 御堂筋線の江坂(大阪府吹田市)-なかもず(堺市北区)間で通常の終電の後、15分間隔で列車を増発。最も遅いのは、なかもず発が午前1時47分(同2時27分新大阪着)、江坂発が午前1時56分(同2時41分なかもず着)となった。

 いつもの終電時刻が過ぎたなんば駅(大阪市中央区)。午前1時前まで同僚と飲んでいた大阪市東淀川区の会社員、堀之内亮介さん(26)は「いつもは終電に間に合うように切り上げるが、今日は時間を気にせずに飲めた。金曜だけでも実施されれば利用したい」と話した。

 大阪府吹田市の男性会社員(36)は「仕事で終電まで働くことも多い。最寄りの千里中央駅まで対象区間を伸ばしてほしい」と期待を寄せていた。

 国交省は今年度中に調査結果をまとめ、大阪メトロや自治体に提供する予定。大阪メトロは調査結果を今後のダイヤ編成に役立てる方針だ。

 一方、保守作業を行う社員の働き方改革の一環で、JR西日本は近畿エリアの在来線の終電時間の繰り上げを検討している。

会員限定記事会員サービス詳細