選択的夫婦別姓に前向き 小泉環境相

 小泉進次郎環境相は24日の記者会見で、選択的夫婦別姓導入に前向きな姿勢を示した。「一人一人の価値観に基づいて生きやすい社会をつくりたい。選択肢があるのは望ましい」と述べた。同時に、日本社会について「単純に選択肢を増やすのに、まるで今までのことが破壊されるような抵抗がある」とも指摘した。

 一方、夫婦別姓導入を訴えた野党の衆院代表質問に自民党議員が「だったら結婚しなくていい」とやじを飛ばしたとされる問題には「いろんなやじがある。議場が全く無音だったら良いのかといえば、それも違う」と述べ、議員個人の問題だと強調した。