「未来につながる何かを感じて」 佐藤浩市さん、渡辺謙さん、若松節朗監督が舞台あいさつ 福島・郡山で「Fukushima50」試写会

Fukushima50の福島先行特別試写会でフォトセッションに臨んだ渡辺謙さん、佐藤浩市さん、若松節朗監督(右から)=23日、福島県郡山市(芹沢伸生撮影)
Fukushima50の福島先行特別試写会でフォトセッションに臨んだ渡辺謙さん、佐藤浩市さん、若松節朗監督(右から)=23日、福島県郡山市(芹沢伸生撮影)

 3月6日に公開される、東日本大震災の東京電力福島第1原発事故を描いた映画「Fukushima50」(フクシマフィフティ、若松節朗監督)の福島先行特別試写会が23日、福島県郡山市の郡山テアトルで行われ、俳優の佐藤浩市さんと渡辺謙さんが若松監督とともに舞台あいさつを行った。

 一般の映画ファンを対象にした試写会は初めて。公募に申し込み、抽選で選ばれた約500人が参加した。原作はジャーナリスト、門田隆将氏のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」で、事故現場で戦い続けた作業員を描いている。

 主人公で原発1、2号機の当直長を演じる佐藤さんは「普通、舞台あいさつでは『楽しんでください』とか発することができるが、今日はそういう訳にはいかない。苦しい場面もあるが最後まで見ていってほしい」と来場者に呼びかけ「古里、家族、仲間といったものが伝わる作品にしたかったが、そうなったと思う」と話した。

 また、所長役の渡辺さんは「福島では古里に帰れない人や、(原発事故で)人生が大きく変わってしまった人がたくさんいる。クランクインでは、その思いを少しでもくみ取って、僕たちの体を通して映画にぶつけようと話をした」とし、「必ず未来につながる何かを感じてもらえると思う。受け止めていただければ」と訴えた。

 若松監督は「5年前にプロジェクトが始まってようやく完成した。福島から発信できることをうれしく思う。誠実に作ったつもり。日本人みんなに見てほしい映画だと思っている」と力を込めた。

会員限定記事会員サービス詳細