コンピューター判定をテスト MLBがオープン戦で

 米大リーグの今季のオープン戦でコンピューターによるストライク、ボール判定が試験的に運用されると、AP通信が22日に報じた。システムのテストが目的で、実際の判定には反映されない。

 大リーグ機構と審判員組合は2024年までの労使協定で、将来的にはこのシステムを導入することで合意している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細