野球がぜんぶ教えてくれた 田尾安志

ルールで縛るより人間同士のつながり

労組日本プロ野球選手会の定期大会などを終え、記者会見に臨む炭谷会長(右から2人目)=大阪市中央区(松永渉平撮影)
労組日本プロ野球選手会の定期大会などを終え、記者会見に臨む炭谷会長(右から2人目)=大阪市中央区(松永渉平撮影)

労働組合日本プロ野球選手会と12球団の間で「現役ドラフト」実現に向けた交渉が行われている。出場機会が少ない選手を他球団が指名して獲得する制度。選手にとっては、活躍の場が広がることになる。早ければ、今年中の導入を目指しているという。

米国にも同様の制度がある。選手会の主張に沿って、一度導入してみるのもいいだろう。だが、日本の社会には、あまり合っているとは思えない。

選手層が厚いため、一定の実力がありながら埋没している選手が対象。しかし、当該球団にすれば、お金も時間もかけて鍛えた選手を簡単に他球団にさらわれることになる。そこで活躍されては、たまったものではない。2軍で一生懸命に選手を育てているコーチの意欲が、損なわれはしないか。アマチュア部門のスカウト強化に力を入れている球団はどうだろう。これまで培ってきた各球団の努力が、報われない形になりかねない。

選手会が掲げる「移籍の自由と活性化」は、現役ドラフトを導入しなくても、各球団のフロント同士が連携すれば実現できる。12球団のチーム編成を受け持つ実務の責任者が野球界全体を考えて積極的に交流し、交換トレードや金銭トレードを今より活発に成立させられれば、それが一番、手っ取り早い。

僕が中日に入って1年目、1976年オフのこと。先輩の藤波行雄さんが球団からクラウンライター(現西武)の基(もとい)満男さんとの交換トレードを言い渡された。しかし、藤波さんはかたくなに拒否。放出に反発するファンの署名運動なども起こった末、中日はトレードを破談にして藤波さんはチームに残留した。あのとき、藤波さんは覚悟を決めて「他球団に行くなら引退する」と公言していた。プロ野球選手の多くが「チームを出るときは、野球をやめるとき」と思っていた時代だった。

会員限定記事会員サービス詳細