入試最前線

2020(5)受験生に最適 脳に効く「ブレインフード」とは

【スコッチエッグ】(2個分)

 材料…牛赤身ひき肉・80グラム▽ゆで卵・2個▽タマネギ・8分の1個▽A(パン粉・大さじ2/溶き卵・2分の1個/塩・少々)▽衣(小麦粉・適量/溶き卵・2分の1個/パン粉・適量)▽揚げ油・適量

 (1)ゆで卵を氷水にとって冷ましておき、タマネギはみじん切りにする

 (2)ゆで卵の殻をむき、全体に小麦粉をまぶす

 (3)ボウルにひき肉、タマネギ、Aを合わせてよくこね、肉だねを作る

 (4)(3)を2等分して丸め、手のひらで平らにして(2)を包む。小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、180度の揚げ油でこんがり色づくまで揚げる。お好みでケチャップをかけても。

 【全粒粉のガレット風】(2枚分)

 材料…全粒粉・50グラム▽ほうれん草・30グラム▽ミニトマト・6個▽ピザ用チーズ・50グラム▽卵・3個▽牛乳・大さじ5▽塩・ひとつまみ▽オリーブ油・大さじ1

 (1)ほうれん草をゆでて水気をしぼり、1~2センチの長さに切る

 (2)全粒粉、塩、卵1個、牛乳をボウルに入れよく混ぜる

 (3)フライパンにオリーブ油を熱し、(2)の半量を流し入れ手早く広げて焼く。乾き始めたらほうれん草、ミニトマトで円形に土手を作り、卵を割り入れチーズを散らす

 (4)ふたをして弱火で4~5分焼いたら卵を包み込むように4辺を内側に折りたたむ。同様にもう1枚焼く。   =(6)に続く

▼【関連ニュース】東大、京大…国立難関10大学 センター試験のボーダーライン 河合塾分析