動画

令和で初「一番福」は大阪の33歳高校教諭 西宮神社「開門神事福男選び」

「開門神事福男選び」で境内を駆け抜ける参加者=10日午前6時、兵庫県西宮市の西宮神社(沢野貴信撮影)
「開門神事福男選び」で境内を駆け抜ける参加者=10日午前6時、兵庫県西宮市の西宮神社(沢野貴信撮影)

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社として知られる西宮神社(兵庫県西宮市)で10日早朝、「十日えびす」の恒例行事で参拝一番乗りを競う「開門神事福男選び」が行われた。約5千人が挑む中、令和初の「一番福」は大阪府堺市の府立高校教諭、黒木悠輔さん(33)が手にした。

 江戸時代から続く神事で、門前には前日夜から健脚自慢が集まった。午前6時、「かいも~ん」の掛け声と太鼓の音で赤門が開くと、参加者は勢いよく境内へ。本殿前まで石畳の参道約230メートルを一気に駆け抜けた。

 13回目の挑戦で一番福を勝ち取った黒木さんは「驚いている。福を分け与えられるよう、充実した1年を過ごしたい」。勤務先の高校では野球部顧問を務めており、「生徒たちにも福を還元できれば」と願った。

 2番福は兵庫県西宮市の高校1年、藤本陽紀(はるき)さん(15)、3番福は神奈川県川崎市の元青年海外協力隊員、川畑陽平さん(27)だった。

会員限定記事会員サービス詳細