大間マグロに1億9000万円 豊洲で令和の初競り - 産経ニュース

メインコンテンツ

大間マグロに1億9000万円 豊洲で令和の初競り

 東京・豊洲市場(江東区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。元号が令和に変わって初の実施。276キロの青森県大間産クロマグロが1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札され、記録が残る1999年以降では昨年に次ぐ2番目の高値となった。

 競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」の運営会社。同社の木村清社長は「令和初めての初競りで、なおさら気持ちがいい」と顔をほころばせた。マグロは築地の本店に運ばれ、客に振る舞われる。

 豊洲市場では衛生面への配慮から一般客が競り場に入れず、上階に設けられた見学者コースで観覧。人気が高いマグロの競りは競り場の一角に設けられた専用デッキから見ることができ、事前に申し込んだ一般客の見学は6日から始まる。