レスリング川井姉妹、獲るぞ 姉妹で金 梨紗子「沙保里さんたちのように」友香子「恩返しを」(5/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

レスリング川井姉妹、獲るぞ 姉妹で金 梨紗子「沙保里さんたちのように」友香子「恩返しを」

 --梨紗子さんの話を聞いて五輪のイメージは

 友「全然ですね。まだこれからです」

 梨「マットにただ五輪マークが入ってるだけやと思ったほうがいい! ははは(笑)。リオのとき、試合前に男子の試合を見に行く機会があったんですが、『あれ、思ったよりも普通の大会じゃん』と逆に心配になった。そのとき、馨さんに『会場を見ても何も思わなかった。大丈夫ですかね。五輪って緊張するんですか』と聞いたら、馨さんは『海外の代表が誰かも分かっているし、自分がやるレスリングって変わらないよ』と言われて。安心した覚えがあります」

 --女子レスリングは日本のお家芸。五輪で期待にどう応える

 梨「地元っていうのはすごく大きいし、東京となると盛り上がると思う。もちろん勝ちたいし、勝たないといけないと思っています。全部出し切った試合にしたいです」

 --友香子さんは初めての五輪

 梨「62キロ級は馨さん、馨さん、馨さん、梨紗子(が金メダル)だもん。すごいプレッシャーかけたろ(笑)。私はリオの前から考えていた。馨さんが3回取っている階級だから、取りたいと」

 友「初めて知った(笑)。世界選手権でも優勝したことがないので、純粋に世界一になって、応援してくれる方の期待に応えたいです」

 --自分自身のためか、周りの方のためか

 友「自分のためもあるし、けがをしたときに近くで支えてくれた家族にも恩返しがしたい」

 --吉田沙保里さんも伊調馨選手もいない五輪

 梨「沙保里さんや馨さんみたいになれるとは思っていないんですが、沙保里さんたちを目指してうまくやっていけたらと」

 --吉田沙保里さんから主将のアドバイスは

 梨「最近の梨紗子は見てて頼もしいから安心できる、と」

 --友香子さんは、梨紗子さんのおかげで注目されてつらいと思うことは

 友「これだけすごい選手が自分のお姉ちゃんというのは運もある。別に嫌とかは思わないし、活用していきたい(笑)。他の人に比べたら恵まれていると思います」

 かわい・りさこ 1994年11月21日生まれ、25歳。石川県出身。63キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪金メダル。世界選手権は17年に60キロ級、18年に59キロ級、19年に57キロ級で優勝。ジャパンビバレッジ所属。160センチ。

 かわい・ゆかこ 1997年8月27日生まれ、22歳。石川県出身。世界選手権は、17年に63キロ級で初出場。62キロ級で18年に銀メダル、19年に銅メダルを獲得した。同4月のアジア選手権は2位。至学館大。162センチ。