レスリング川井姉妹、獲るぞ 姉妹で金 梨紗子「沙保里さんたちのように」友香子「恩返しを」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

レスリング川井姉妹、獲るぞ 姉妹で金 梨紗子「沙保里さんたちのように」友香子「恩返しを」

 姉妹で臨む大舞台が幕を開ける。東京五輪のレスリング女子57キロ級代表、川井梨紗子(りさこ)(25)=ジャパンビバレッジ=と、62キロ級代表で妹の友香子(ゆかこ)(22)=至学館大=は昨年9月、カザフスタンで開かれた世界選手権でともにメダルを手にし、五輪代表の座を射止めた。その瞬間、2人は「本当に夢がかなったんだ」と3年前に交わした誓いを思い出していた。

 2018年は梨紗子にとって「苦しい一年」だった。63キロ級で優勝したリオデジャネイロ五輪後、東京五輪に向けて本来の階級である57キロ級に戻したが、五輪5連覇を目指す伊調馨(35)=ALSOK=が立ちはだかった。伊調へのパワーハラスメント問題が発覚した日本レスリング協会の栄和人・前強化本部長の元教え子だったこともあり、ネットには「伊調の5連覇を潰しにきた」と無責任な言葉が並んだ。重圧に感じ、五輪代表選考を兼ねた一昨年12月の全日本選手権で伊調に敗れ、「もう無理。辞めたい」と母の初江さんに泣きながら現役引退を訴えたこともある。

 リオ五輪当時、肩をけがしていた友香子は梨紗子の練習パートナーとして帯同。帰国後のメダル報告会で新潟県十日町市の合宿所を訪れた際、梨紗子は友香子に言った。「63キロ級で優勝するなんて想像もしていなかった。だから4年間努力すれば、友香子も東京五輪に出られるかもしれない。2人で金メダルを取れたら最高だよ」。友香子は「梨紗子と一緒に出たい」と強く思った。だからこそ「私が頑張る姿を見せることが梨紗子が立ち直るきっかけになる」と普段通りに練習することで姉を勇気づけた。梨紗子は昨年6月の全日本選抜選手権と世界選手権代表決定プレーオフで伊調に2連勝。世界選手権では2人で五輪代表を決め、抱擁した。

 梨紗子は「(伊調)馨さんと(吉田)沙保里(さおり)さんを足して2で割った選手が理想」と語る。持ち味の高速タックルに加え、伊調の代名詞である堅守を強化しようと模索している。友香子は「パワーが強い62キロ級の外国人選手にいかにパワー負けしないか」と強化に励む。東京五輪は女子レスリングが正式種目となった2004年アテネ五輪から3連覇した吉田沙保里さんと伊調がいない初めての大会となる。レスリング女子チームの主将を務める梨紗子は「沙保里さんたちを目指してやっていきたい。主将だけど私も追いかけているものはある」。友香子は初の五輪へ「4年前にけがをした時、支えてくれた家族に恩返しがしたい」と誓う。姉妹の夢とそれぞれの思いを背負い、表彰台の頂点を目指す。(岡野祐己)

 川井姉妹との主なやりとりは次の通り。

 --昨年9月の世界選手権でメダルを取り、姉妹で東京五輪代表に決まった

 梨紗子(以下、梨)「苦しかったです。五輪代表選考が2018年12月の全日本選手権から始まって、そこから昨年の世界選手権まで長く感じたけど、終わってみれば早かったとも思います」

 友香子(以下、友)「一番苦しかったのは梨紗子だと思うのですが、結果として2人で代表になれたので、いい一年でした」

 --梨紗子さんが苦しむ姿を近くで見ていた

 友「(日本レスリング協会の栄和人・前強化本部長のパワーハラスメント問題で)レスリングが良くない注目のされ方をして、(パワハラ被害を受けた伊調)馨さんと同じ階級にした梨紗子が『馨さんの五輪5連覇を阻止しにきた』と悪くいわれた。それは全然想像していなかった」

 梨「もともと馨さんと同じ階級でしたけど、パワハラ騒動のタイミングと、私が階級を元の階級に戻したのが重なった。すごく見ちゃうんですよ、ネットを。エゴサーチをしてしまって。こう思われることもあるんだ、と学んだ年でもありました。応援してくれる人もいるんだという、ありがたさに気づけた一年でもありました」

 --特につらかったのは

 梨「2018年12月の全日本選手権で馨さんに負けてから、19年2月ごろまでです。勝つのは無理だと思っていたので。6月の全日本選抜選手権で勝てば東京五輪に望みはつながるけど、試合が怖かった。あんなに注目される中で試合ができる自信がなかった。12月から2月までは試合に出たくない、やりたくない気持ちが強かったです」

 --友香子さんとはどんな話をしていたのですか

 友「私からは特に。言えることってあんまりないと思って。私が頑張る姿を見せることが、梨紗子が立ち直るきっかけになるかなと思っていました」

 --2018年の全日本選手権で伊調選手に敗れて、石川の実家に帰った

 梨「年末まで実家にいました」

--お母さん(初江さん)とはどのような会話を

 梨「全日本選手権で負けた直後は(レスリングを)もうやらない! 無理!っていいました。母も、もういいよ、わかった。こっちも耐えられないわ、みたいな感じで。母が会社の人に謝りにいこうといって。だから、レスリングを辞められると思っていました。でも、親としては辞めてほしくなかったみたいで、実家に帰ったときは、苦しいのは分かっていると説得してきて。いや、話が違うじゃんみたいな(笑)。私は家族が喜ぶために、友香子と東京五輪に出るためにと思ってやってきたけど、結局試合で戦うのは自分一人だから、こんな苦しい思いはもうできない、みんなのために我慢できる範囲は越えたと思って。友香子と2人で東京五輪と言ってはいたけど、私はリオ五輪で1回(金メダルを)取ったし、友香子は東京で1回取ればいいじゃん、それで一緒だから、と。そのときは、とりあえず落ち着いて、みたいな感じで終わりました」

 友「母も梨紗子も泣いて、(三女の)妹も泣き出して」

 --至学館大に戻った

 梨「練習はするけど、気持ちが切り替わっていない状態でした」

 --どう切り替えた

 梨「それがあまり分からなくて。友香子を見ていてなのか、6月に試合をするまでに思っている以上に自分のことを応援してくださる方が多いことに気づきました。徐々にだったと思います」

 --お母さんから「これを経験できるのはあなたしかいない」と言われた

 梨「リオ五輪で優勝しての注目のされ方なので、4年前の梨紗子だったらこんな注目はされていないよと言われました。これをできるのは五輪で優勝した梨紗子とレスリングを続けてくれている馨さんがいるからなんだよと言われて。確かにそうだな、と。誰もが経験できることではない」

 --友香子さんは梨紗子さんを見て、前向きになっていくのが分かった

 友「ちょっとずつ気持ちが前に向かっているなと見ていて分かって、気づいたら6月で」

 梨「早かったね、本当に」

 --6月の全日本選抜選手権で伊調選手にリベンジした

 梨「12月に負けたとき、自分のやりたいことをやる勇気がなかった。馨さんは守りが強いので、思い切って技を仕掛ける勇気がなく終わっちゃった。6月は出し切りたいと思った。だから6月は、勝てたこと以上に勇気を出せた自分がうれしかったです」

 --自信もあった

 梨「自信というより、もう崖っぷち、負けたら終わりだったので」

 --友香子さんも試合を見ていた

 友「すごくて、びっくりしました。めっちゃタックルに入るし、半年前と全然違いました」

 --伊調選手との世界選手権代表決定プレーオフでも勝った

 梨「6月に勇気を持ってできたから、その気持ちをいかに持続させるかがテーマでした。プレーオフは『無』。何も感情がないみたいな感じでした」

 --あの試合、返し技の「クオーターネルソンホールド」が決まった

 梨「最初に私がタックルを仕掛けたのに対して、馨さんがカウンターでタックルに入ってきて、さらにそれをカウンターした。カウンターのカウンター。あの技も練習でしかやったことがなくて、試合で一回もやったことがなかった。自然と出ました。練習通りの試合だったのかな」

 --プレーオフは友香子さんがセコンドについた

 友「あんまり記憶がないです。梨紗子より緊張していたから(笑)」

 --試合前、好きな歌手、倖田來未さんの曲を聴いていた

 梨「毎日の練習前は絶対に聞いています。移動でも聞きます」

 --友香子さんは

 友「私も毎日です。練習前も」

 --試合前に必ず聴く曲は

 梨「わりと新曲が出たらそれを。聴くと戦闘モードになる(笑)」

 友「その曲ごとに試合のことを思い出します」

 --プレーオフのときは「Eh Yo」という曲

 友「試合が終わってシャワー室からめっちゃでかい音量の『Eh Yo』が聞こえてきた」

 梨「試合が終わっても戦闘モード(笑)」

 --五輪代表を決めた9月の世界選手権。友香子さんは3回戦で負けた

 友「負けた瞬間はもう終わったなと。相手が決勝まで行ってくれる(敗れた相手が決勝に進むと敗者復活戦に回れる)と思わなかったので」

 --試合の入り方、組み立ては

 友「4月のアジア選手権でも負けた相手(キルギス選手、世界選手権では優勝)。最初はリードしていたけど、どうしても点をたくさん取って安心したい気持ちが出て、技がしっかり決まりきらず、中途半端にいった気持ちの弱い部分が出ました」

 梨「私も会場に行って、友香子と母が泣いていて、それ見て涙が出てきて。私が12月に負けて落ち込んだときに友香子が練習を黙々とやって勇気づけてくれたことを、今度は逆にしなきゃと切り替えた」

 --梨紗子さんの決勝(中国の栄寧寧に9-6で勝利)を友香子さんはどう見ていた

 友「ああ優勝したな、みたいな」

 梨「人ごとやん(笑)。明日は友香子の番だからねと言った覚えがあります」

 --敗者復活戦に回り、3位決定戦で勝って銅メダルを取ったときは

 梨「友香子が3位決定戦で勝って、『あ、(姉妹での五輪代表が)叶った!』みたいな」

 友「しばらくは受け入れられなかった。夢かな、と。ネットニュースで見て、本当だったんだ、と(笑)。うちらオリンピック選手だよって梨紗子に言いました」

 --2人で五輪を目指すと決めたのはいつ

 友「リオ五輪で金メダルを取ったあとの報告合宿でした。新潟・十日町の桜花レスリング道場です」

 梨「急にそんな感じになって。私が58キロ級で馨さんに勝ってリオに出ることを目指していたのに、急展開で63キロ級で勝つなんて想像もしてなかった。ロンドン五輪からリオ五輪の4年間にこんなことがあってリオで金メダルを持っているとは思っていなかった。だから、リオから東京五輪までの4年間も何があるか分からないと。一年一年頑張って、4年後に2人で代表になって金メダルを取れたら最高だよね、と言った記憶があります」

 --技術的な面での友香子さんの進化は

 友「うーん、そんなに考えてやるタイプじゃない。目の前の相手一人一人に負けたくない気持ちで戦っています。梨紗子みたいにばんばんタックルに入るとか特徴がない」

 梨「地味に取る(笑)。逆にそれがいいんじゃない?」

 --今鍛えていること

 友「62キロ級の選手はパワーがあるので、そういう選手に対して、パワー負けしないレスリングをいかにするかです」

 --梨紗子さんはいろんな技術を持っている

 梨「日本の選手ってやっぱりタックルで取るというか。(吉田)沙保里さんがそうだったので。でも、長く戦う上でタックルだけだと研究される。理想は高いけど、オールマイティーに攻められるのを目指しています」

 --守りは伊調さんが強い

 梨「馨さんも攻めようと思えばタックルもできるし、体のバランスもいいし。あのバランスはまねしようと思ってもできない。自分なりの攻めと守りのバランスを見つけたいです」

 --そう考えたのはいつ

 梨「リオ五輪後から。リオの前年に世界選手権で2番になって、勢いのまま五輪で優勝したので、ここから次に東京五輪となったときに同じスタイルじゃだめだと思いました。軸は変えないけど、レパートリーを増やさないといけないと思って。だからリオ五輪はどちらかというと『攻めて攻めて攻めて』だったが、今は年齢的にも勢いだけでどうにかなる世界じゃなくなってきた(笑)ので、試合の6分間を丸々使い切ってしっかり勝ち切れればいいと。安定した試合運びができたらなと思う」

 --伊調選手の試合の映像はよく見る

 梨「昨年6月の全日本選抜選手権までは昔のビデオとかをすごく見ていた。足腰は強いし、その中でバランス力がある」

 --教科書のよう

 梨「私の理想は馨さんと沙保里さんを足して2で割った感じ。それはめっちゃ完璧なんですけど、馨さんのバランス力、ディフェンス、ここぞというときに入れるタックルと、沙保里さんみたいな足の速いステップが合わさったレスリングがしたい。めっちゃ贅沢だけど。ほんと理想」

 --伊調選手がいたからこそ目標ができた

 梨「一番強いと思うので、今も」

 --友香子さんは梨紗子さんを見て今がある

 友「やっぱり、リオ五輪のときに梨紗子が金メダルを取る姿を見ていなかったら私も五輪は見ていなかった。梨紗子のおかげで今がある。苦労してくれてよかったとは思わないけど、頑張ってきてくれて私もうれしいです」

 --リオ五輪はスパーリングパートナーとして同行した

 梨「友香子はけがでスパーリングができなかったのにね。代表選手6人にパートナー6人をつれていける。私たちは選手村に入るけど、この子は別のホテル。練習は同じ時間に決めて。練習後は選手の洗濯物を全部渡して、この子たちが自分のにプラスして全部してくれる。試合までの1週間、全部やってくれて」

 友「あのときはすごく大変だった。みんな朝ご飯を食べながら寝ていたもん、疲れて。午後からはトレーニングもしていた」

 --梨紗子さんは五輪で金メダルを取って表彰台に上がった

 梨「最初に思ったのは、ここに来たくても来られなかった人もいるんだな、と。テレビで見ていた表彰式に今自分がいるんだという不思議な気持ち。後はやっぱり、めっちゃきれいでした。日本の方じゃなくても日本の国旗を持ってる人がたくさんいて、こんな景色があるんだって。それまで世界選手権で優勝したことがなかったので、初めて1番のところにのぼって、ああこんな感じなんだと。すぐに東京五輪でもう1回と思いました」

 --ライバルの顔が浮かぶのは

 梨「このマットに立てるのは自分だけだし、結果を残せるのも自分だけだから、悔しい思いをしている人のことも分かって戦わないといけない、と思っています。私がリオで、いきなり58キロ級から63キロ級に上げた。それまで63キロ級で勝ち続けていた先輩と、他の所属の人がいつも競っていたのに、その2人を抑えて私が行っちゃった。絶対この2人は悔しいですよね。そのときから、そういう人の気持ちも分かっておかないといけないと思うようになりました」

 --梨紗子さんの話を聞いて五輪のイメージは

 友「全然ですね。まだこれからです」

 梨「マットにただ五輪マークが入ってるだけやと思ったほうがいい! ははは(笑)。リオのとき、試合前に男子の試合を見に行く機会があったんですが、『あれ、思ったよりも普通の大会じゃん』と逆に心配になった。そのとき、馨さんに『会場を見ても何も思わなかった。大丈夫ですかね。五輪って緊張するんですか』と聞いたら、馨さんは『海外の代表が誰かも分かっているし、自分がやるレスリングって変わらないよ』と言われて。安心した覚えがあります」

 --女子レスリングは日本のお家芸。五輪で期待にどう応える

 梨「地元っていうのはすごく大きいし、東京となると盛り上がると思う。もちろん勝ちたいし、勝たないといけないと思っています。全部出し切った試合にしたいです」

 --友香子さんは初めての五輪

 梨「62キロ級は馨さん、馨さん、馨さん、梨紗子(が金メダル)だもん。すごいプレッシャーかけたろ(笑)。私はリオの前から考えていた。馨さんが3回取っている階級だから、取りたいと」

 友「初めて知った(笑)。世界選手権でも優勝したことがないので、純粋に世界一になって、応援してくれる方の期待に応えたいです」

 --自分自身のためか、周りの方のためか

 友「自分のためもあるし、けがをしたときに近くで支えてくれた家族にも恩返しがしたい」

 --吉田沙保里さんも伊調馨選手もいない五輪

 梨「沙保里さんや馨さんみたいになれるとは思っていないんですが、沙保里さんたちを目指してうまくやっていけたらと」

 --吉田沙保里さんから主将のアドバイスは

 梨「最近の梨紗子は見てて頼もしいから安心できる、と」

 --友香子さんは、梨紗子さんのおかげで注目されてつらいと思うことは

 友「これだけすごい選手が自分のお姉ちゃんというのは運もある。別に嫌とかは思わないし、活用していきたい(笑)。他の人に比べたら恵まれていると思います」

 かわい・りさこ 1994年11月21日生まれ、25歳。石川県出身。63キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪金メダル。世界選手権は17年に60キロ級、18年に59キロ級、19年に57キロ級で優勝。ジャパンビバレッジ所属。160センチ。

 かわい・ゆかこ 1997年8月27日生まれ、22歳。石川県出身。世界選手権は、17年に63キロ級で初出場。62キロ級で18年に銀メダル、19年に銅メダルを獲得した。同4月のアジア選手権は2位。至学館大。162センチ。

ボトムコンテンツ

競技別の記事一覧