吉田実代、判定で初防衛 WBO女子スーパーフライ級戦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

吉田実代、判定で初防衛 WBO女子スーパーフライ級戦

 世界ボクシング機構(WBO)女子スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦は31日、東京・大田区総合体育館で行われ、チャンピオンの吉田実代(EBISUK’s BOX)が挑戦者の石麗萍(中国)に3-0で判定勝ちし、初防衛に成功した。

 31歳の吉田は1回から積極的に前に出てボディーブローや右フックなどで優位に立ち、終盤も有効打を重ねて危なげなく勝ちきった。

 戦績は吉田が15戦14勝1敗、21歳の石麗萍は8戦5勝(2KO)3敗。