ゴーン被告の保釈 東京地裁が取り消し

東京拘置所を出るカルロス・ゴーン被告(中央)=4月25日午後、東京都葛飾区(桐原正道撮影)
東京拘置所を出るカルロス・ゴーン被告(中央)=4月25日午後、東京都葛飾区(桐原正道撮影)

レバノンに無断渡航し、海外渡航を禁じた保釈条件に違反した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告について、東京地裁は31日夜、保釈を取り消す決定をした。再び来日した場合、勾留されるとみられるが、来日しなかった場合は公判を開くことはできず、一連の事件の審理に大きな影響を及ぼすのは必至だ。

会員限定記事会員サービス詳細