現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月30日

 56年前のNHK紅白歌合戦は、有楽町の東京宝塚劇場で行われた。今、紅白をやっているNHKホールどころか放送センターも影も形もなく、代々木はワシントンハイツと呼ばれた米軍人と家族が住む「租界地」だった。

 ▼前回東京五輪の招致を中心に描いた大河ドラマ「いだてん」は史上最低の視聴率で話題になったが、内容は悪くなかった。ワシントンハイツが東京五輪の選手村として日本に返還される話も胸にズシリときた。

 ▼選手村は当初、広大な米軍用地があった埼玉県朝霞が有力だった。それを覆したのは、メイン会場の国立競技場に隣接するワシントンハイツこそ選手村にふさわしい、と米国を説得した先人の熱情であり、五輪なかりせば、代々木の風景は別のものになっていたかもしれぬ。

ランキング

  1. 【産経抄】8月17日

  2. 【正論】突如一丸となる米の特性理解を 元駐米大使・加藤良三

  3. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  4. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  5. 【産経抄】8月16日

  6. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  7. 【浪速風】生命のゆりかご

  8. 【主張】学校の半旗 弔意を妨げる方が問題だ

  9. 【社説検証】ペロシ米下院議長訪台 産経「米台団結具現した」 「なぜ今」と朝日は疑問視

  10. 【正論】この夏に思う 抑止力強化へ悪しき洗脳を解け 福井県立大学教授・島田洋一

会員限定記事