女子高生、刃物で切られる 千葉・松戸

 25日午後9時半ごろ、千葉県松戸市和名ケ谷の路上で、徒歩で帰宅していた同県市川市に住む高校2年の女子生徒(16)が、自転車に乗った何者かに、追い抜きざまに刃物で右腕を切られた。女子生徒は長さ6センチの切り傷を負った。

 県警松戸署によると、切りつけた人物は黒か紺色のダウンジャケットを着ていたが、性別や年齢は分かっていない。同署は防犯カメラの映像を確認するなど、逃げた人物の行方を追っている。

会員限定記事会員サービス詳細