両陛下、手を握られ「どうぞお大事に」 宮城・福島被災者ご激励 - 産経ニュース

メインコンテンツ

両陛下、手を握られ「どうぞお大事に」 宮城・福島被災者ご激励

宮城県丸森町の仮設住宅を訪問し、台風19号の被災者を見舞われる天皇、皇后両陛下=26日午後(代表撮影)
宮城県丸森町の仮設住宅を訪問し、台風19号の被災者を見舞われる天皇、皇后両陛下=26日午後(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下が26日、天皇陛下の即位後初めてとなる被災地訪問を果たされた。東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号の上陸から2カ月余り。即位関連行事が続く過密日程の中、両陛下は被災地を案じ続けられていたといい、今回の訪問は令和の時代も被災者へ心を寄せる皇室の姿が改めて示された形となった。

 あいにくの雨となったこの日、自衛隊ヘリで宮城県丸森町に入った両陛下は、傘を差しながら台風で氾濫した阿武隈(あぶくま)川支流をご視察。続いて被災者約50人が集まる同町の「花田応急仮設住宅」集会場に到着された。両陛下はゆっくりと被災者に歩み寄ると、約30分にわたり、立ったまま励ましの言葉をかけられた。

 陛下は自宅が半壊した農業、佐藤雄一さん(69)に「大変でしたね」「(発災時は)避難所の方におられたんですか」などとご質問。床上浸水した自宅に子供2人が取り残されたが無事だったという小学校教員補助、船山力愛(かつえ)さん(53)に対し、陛下は「お子さんの心のケアは大丈夫ですか」、皇后さまは「怖い思いをされたでしょう」と気遣われた。

 椅子に座った被災者に腰をかがめて声をかけたり、手を握ったりする場面もみられ、最後は両陛下がそれぞれ被災者全員に「どうぞお大事に」と語りかけられた。村井嘉浩・宮城県知事によると、両陛下はヘリで同県を後にする際「力を合わせてがんばってください」と激励されたという。

 続いて訪れた福島県本宮市では、一時避難所となった保健・福祉施設で被災者や災害復旧にあたった関係者とご懇談。職員2人が犠牲になった「谷病院」の院長、谷良久さん(71)に対し、陛下は「職員の方が亡くなられたと」と気遣い、「がんばってください」とねぎらいの言葉をかけられた。皇后さまは自宅が被災した高校1年、真島唱良々(うらら)さん(15)に「つらかったでしょう」と声をかけられた。