処理水「大気放出難しい」 原子力規制委員長

 東京電力福島第1原発の処理水の処分方法を巡り、政府小委員会が23日、海洋と大気への放出を軸にした取りまとめ案を示したことに関し、原子力規制委員会の更田豊志委員長は25日の記者会見で「海洋放出に比べると大気放出は時間、費用、廃炉作業全体に与える影響を考えると、より難しい選択肢だ」との見解を示した。海洋放出も大気放出も基準を守って行われる限りは、環境への影響は考えられないとも述べた。

 更田氏は、大気放出は海外で事例があるが、国内では「審査側からすると経験がない」と指摘。大気放出では設備の建設を要するのに加え、規制委が審査する際に耐震性の確認事項は海洋放出より多くなり、時間がかかるとの見通しを述べた。

 更田氏は、一貫して希釈して海洋放出することを求めているが、地元では風評被害を懸念する声が根強い。更田氏は「苦渋の決断ではあるが、判断は早いほど良い。(保管)タンクの空き容量から考えて、決断が迫られる時期に差し掛かっている」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細