2メートルのジャンボ絵馬登場 大阪・藤井寺の道明寺天満宮  - 産経ニュース

メインコンテンツ

2メートルのジャンボ絵馬登場 大阪・藤井寺の道明寺天満宮 

ネズミと梅が描かれた道明寺天満宮のジャンボ絵馬=大阪府藤井寺市
ネズミと梅が描かれた道明寺天満宮のジャンボ絵馬=大阪府藤井寺市

 学問の神様・菅原道真を祭る道明寺天満宮(大阪府藤井寺市道明寺)に、来年の干支、「子(ね)」(ネズミ)のジャンボ絵馬がお目見えした。

 ジャンボ絵馬は高さ約2メートル、幅約2・4メートル。上方浮世絵の伝統を受け継ぐ女性画家、五世・長谷川貞信(さだのぶ)さん(73)が下絵を担当し、米俵に乗る3匹の白いネズミの家族が描かれた。周りには、天満宮が梅の名所であることにちなみ、紅白の梅があしらわれた。

 天満宮の南坊城光興(みなみぼうじょうみつおき)宮司(45)は「来年は、良いニュースばかりが『チュー目』される年になれば」と話している。