聖火リレー、大阪府内のルートとランナー発表

聖火リレー、大阪府内のルートとランナー発表
聖火リレー、大阪府内のルートとランナー発表
その他の写真を見る (1/2枚)

 東京五輪の聖火リレーで大阪府内を走る自治体推薦枠のランナーとルートが17日、発表された。来年4月14、15日の日程で、仁徳天皇陵古墳(大山古墳、堺市)の周辺や万博記念公園(吹田市)、大阪城公園(大阪市)といった大阪を代表するスポットを、著名人を含めたランナーが駆けめぐる。

 府実行委員会によると、推薦枠で選ばれたランナーは11~99歳の44人。8395人の応募があり、倍率は約190倍だった。地元への貢献や五輪への思いなどを府実行委が選考し、大会組織委員会に推薦。一般市民のほか、過去の五輪メダリストや1964年東京五輪の聖火ランナー、地元ゆかりの著名人も選ばれた。

 初日の14日は、堺、吹田市をはじめ、東大阪市や枚方市など計9市で聖火リレーが行われる。このうち東大阪市は近鉄若江岩田駅をスタートして、花園ラグビー場に至るルート。吹田市は万博記念公園内を「太陽の塔」を中心に走るコースとなっている。

 2日目の15日は、泉佐野市や貝塚市など9市町でリレーを実施。羽曳野、藤井寺の両市にまたがるルートでは、世界遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」を背景としたコースをめぐり、大阪市では船を使った水上ルートもある。2日間で18市町、計約40キロを駆け抜ける。

 各ランナーがどの市町を走るかは来春決定され、大会組織委から本人に通知される。今回の自治体推薦枠とは別に、スポンサー(聖火リレーパートナー)枠のランナーもいる。

 ※14日の大阪府豊中市と15日の大阪市・NTT西日本本社ビル周回コースは、東京2020オリンピック聖火リレーパートナーの企業による選考で選ばれたランナーのみの区間。

 ※区間内の詳細なルートは、https://tokyo2020.org/jp/special/olympic/map/detail/10_osaka.htmlに掲載。