展示、準備過程に問題点 運営体制見直しを提言 不自由展中止で最終報告

展示、準備過程に問題点 運営体制見直しを提言 不自由展中止で最終報告
展示、準備過程に問題点 運営体制見直しを提言 不自由展中止で最終報告
その他の写真を見る (1/2枚)

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が一時中止した問題を巡り、一連の経緯を検証してきた検討委員会は18日、最終報告と提言をまとめた。展示方法の不適切さや説明不足を指摘し、準備プロセスや組織体制に多くの問題点があったとした。今後の運営体制に関し、愛知県知事が務めていた実行委員会会長の民間人起用や芸術文化の専門家らで構成する諮問機関の設置など抜本的な見直しを提起した。 最終報告は、開始3日で中止を決めた判断に関しては脅迫や電話による抗議が殺到した点を挙げ「やむを得ず、表現の自由の不当な制限には当たらない」とした。

 作品の選定について、過去に公立美術館で展示が禁止になっていない作品や新作がまじり、不自由展のコンセプトから外れていたと指摘。芸術監督の津田大介氏や学芸員ら関係者のチームワークが形成されていなかったとした。

 また芸術監督に多大な権限が与えられる一方、判断ミスや誤りを抑止する仕組みがなかったと運営体制の不備にも言及した。

会員限定記事会員サービス詳細